花粉症の症状を緩和するためのヒント

花粉症の症状を緩和するための腸内環境や食事療法について述べたいと思います。花粉症アレルギーにお困りの方は参考にしてください。

サイトトップ > 腸内環境

スポンサードリンク

花粉症の症状を緩和するためのヒント

腸内環境


腸内環境は花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー症状の最大の原因です。腸内環境が悪くなるとTh2が過剰になるためアレルギー体質になるのです。食事は腸内環境に大きな影響を与えます。つまり食事は花粉症にも大きな影響を与えるということです。食事の摂取の仕方を考えて腸内環境をよくすることそれが食事治療の目標でもあります。


牛乳や肉、砂糖などをたくさん摂取していると腸壁が傷ついてしまいます。 腸壁が傷ついてしまうことにより、通常では入り込むはずのない大きな物質である分解されていないたんぱく質が腸壁から侵入してしまうのです。 通常人間の体内において腸壁には小さい分子のみを取り込んで、形を再合成します。 つまり大きな分子が腸壁をそのまま通過してしまうことが異常なのです。 大きな分子が侵入しようとすると、体内の異常センサーである免疫システムが反応して物質を排除しようとします。 これが一般的な食物アレルギーの発生する仕組みです。


こうして食べ物に対して繰り返し免疫細胞が出動していると腸の免疫バランスが崩れてしまうのです。 腸内の免疫バランスがやがてTh2になっていきます。 そしてついには体内バランス自体がTh2になってしまうのです。 こうして花粉症などのアレルギー症状が生まれるわけです。


食事治療によって腸内環境を整えることによりこの免疫バランスを正常にすることができるため、生活改善や食べ物は花粉症の症状改善に特に重要とされるのです。


花粉症の症状を緩和するためのヒント

MENU



スポンサードリンク